新着記事 > 記事一覧 > Archive: [2017年06月] 3点の記事があります。
2017.06.16
インディアンジュエリー・ナバホ・ターコイズバングル・カスタム製作【後編】
さあインディアンジュエリー・ナバホ・ターコイズバングル・カスタム製作【前編】の続きでござあす。ヨイショ、ヨイショとローラーがけしていく。だんだん、ダンダン、ながくなる~なっがーーくっ、なっがーーくっんで、3等分して。整形してと。気合でバングル状に曲げていきます。3mm厚なんで硬いです。ここでも腕力必要。そうそう忘れかけていた石座ちゃん。フクリンは使えなかったので新しく作り、台座の上に乗せ、溶接!スリットも一本一本糸鋸で入れていく。ここはどちらかと言うと集中力。バングルと石座を溶接。ターコイズの石留め。気を付けながらセッティングして完了~   http://www.italu-ya.com/wrc_064.html  making by ITALU-YA
2017.06.16
インディアンジュエリー・ナバホ・ターコイズバングル・カスタム製作【前編】
TurquoiseNavajoBangleのカスタムメイキングの記録です。スリーワイヤータイプのナバホバングルのお持込み。本体もターコイズも結構アンティークっております。2本のワイヤー部分が折れちゃってたんだよね。良く見ると継ぎ修理痕が幾つもあります。ちょっ~と継ぎ幅が狭い気もしますが。。。長く愛用されている証拠。良いねこういう感じ好きですよ。はいまずターコイズから外していきます。割らないように注意。。。Ohhh~黒っ!中のオガクズも古くなっております。石座をバングル本体より取り外します。それにしてもバーナーの火と耐熱レンガって何でこんな絵的に美しいんだろ。照明は暗いほうが良い。石座だけ綺麗に取るつもりだったんだけど、継ぎ修理んとこがやっぱ簡単に壊れちゃった・・・。ターコイズも良く見るとイイ~感じに劣化しております。バッキング(ターコイズの茶色い台座部分)だけ残ってターコイズ層取れちゃってるとこもある・・・ほい、お次はバングル本体を作ってきますよ~♪6mm角銀棒を用意。こいつをヨイショ、ヨイショ、とパスタマシンの如く少しづつ薄くつぶしていく作業です。ローラーがけと言いますが、厚い銀板なんかを薄くするときなんかは結構腕力いります。・・・というわけで、続きは後編へhttp://www.italu-ya.com/blog/html/art/00068.html
2017.06.01
1930'sビンテージ・ナバホ・バングル・折れ修理
さあ本日6月1日。バングル折れ修理の記録でござあす。1930年代のビンテージナバホですよ。約80年前のアンティーク物。80年てすごいね。ちなみに「ナホバ」言う人たまにいますがナバホね。Navajo。ナバジョじゃないよ。ナバホ族。ネイティブアメリカンのナバホ族ね。  ホラこの通り。折れちゃったんだからしょうがない。銀板を裏板に当てて補強継ぎ溶接して直しますよ。皆さんバングルの付け方コツあるよ。お客さんに100回ぐらい同じ事言ってるね。今度ちゃんと記事書くあるよ。  まあ~ターコイズも古いし劣化してるからね。注意しながら覆輪をこじ開けてとりますよ~。慎重に~♪慎重に~♪  覆輪。フクリン言います。石枠の事です。薄いんですね。フニャフニャでもう使えません。だって厚み0.2mmなんだもんこれ。今回はこの石枠も0.8mmに厚くして新規製作して交換する事にしました。このようにサイズ直しにしろ何にしろ石付きのアクセサリー修理って一度石を外すことが多々あります。その時このフクリンが再度使えるかどうかで大きく修理工程がかわります。結果料金も変わるわけなんですはい。  なのでバーナー当てて取る。びゅ~りふぉ~ ばーなー ふぁいあ~♪   0.8mmの銀板を用意。  ほい2つのターコイズ枠完成。  お次は裏板様の銀板。こっちは1mm厚でっせ。ノギス目盛読めるかな?工業高校出なら読めんべ?  はい亀甲縛り。→ 溶接 → 酸洗い → フクリン2つも溶接 → 酸洗い → 切削整形 → 下仕上げ → いぶし  → んで佳境に入ってきましたターコイズのセッティング。  トントン♪コンコン♪慎重に~♪慎重に~♪   ポリッシュがけして。はいできました。ターコイズも無事割れませんでした。割れないように下準備があるし道具と知識もある。あとは割らない技術と経験。ナチュラルターコイズ物やアンティーク物の修理でお困りの方いましたらご連絡お待ちしております。http://www.italu-ya.com/wrc_056.html Repair by ITALU-YA