アミ小さな宇宙人  エンリケ・バリオス著
2015.05.09


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

さくらももこさんのイラストと心温まる雰囲気のある素晴らしい本。
宇宙人アミと少年ペドゥリートの対話式に展開される愛の伝道的ストーリーです。
とても1986年に出版されたとは思えない垢抜けて洗練された科学論理、精神論だなと思う。
この手のスピリチュアル思想本ってどこか著者の宗教的、趣向的な偏りと、どうしても説教くさくなってしまいがちなんだけど、「愛」を文明の進んだ存在アミ側から、精神論だけで説くのではなく、科学論理的な側面からも少年にもわかる”簡単なことば”で対話式に説いていく”読みやすさ”が良いと思います。著者エンリケ・バリオスの半生を”真理探求”に捧げた奥行きのある思想が改めて覗えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※以下感想ネタバレ注意※
 
 
 
 
 
 
 
 

全体の物語は素晴らしく良いのだが、またこういう雰囲気の物語に仕上げるには”こうする他なかった”のかも知れないけど、どうしても消化しきれなかったのは次の2点かなあ~と思う。

アミ思想に出てくる「アンチ肉食」と愛の度数を計る「センソメトロ」の2つ。
これがどうしても消化できなかった。以下にこの2つの理由を挙げます。

【アンチ肉食】
外の星から来た高度な文明を持つ存在であるはずなのに地球の長い歴史であろう肉食を「死肉を食べるなんて気持ち悪い!」と何ら科学的、論理的思考もなしに非難しちゃうんですよねコイツは・・・。さらにアミと別れた少年ペドゥリートも「死肉は食べない」と何の抵抗も無く受け入れてしまう。ここは著者の菜食主義の飛躍した勧め(若干押付け・・・)を感じてしまう。
アボリジニ文化にも触れている著者なのに彼らの食生活をどう受け入れたんだろう?と若干疑問の部分です。

【センソメトロ】
愛の度数という、そもそも「愛」を数値に置き換えてしまう思想がえ?と思いました。「愛に基づかないものは滅びる」がアミ思想ですからその数値自体が存在価値の有無を絶対的に決めてしまうのは一見すると非常に恐い思想でもある。この思想は何となくキリスト教のネガティブ・モチベーション(信じなければ救われない)になってしまい結果「無償の愛」ではなく「条件付の愛」になってしまうのが、んん~・・・と思うところ。

食については、はたして「肉食」=「動物がかわいそう」や「人間の身勝手さ」だけに位置付けられるんだろうか?という問題である。ましてや「気持ち悪い!」と言うアミのニュアンスは「かわいそう」という倫理的な部分とは相反している気さえする。

長い生命進化において原始から「弱肉強食」という揺るぎない法則がありそれは現代においても文明社会の本能的な基本原理として引き継がれ「経済」という表層を成している。

これらはそこへ至った長い歴史があり生命体は「食物連鎖」という食べる食べられるという関わりあいの中で進化してきたのだ。こういった一切の真実、歴史を「気持ち悪い!」の一言で片づけちゃうって、アボリジニの生活に取材に飛び込んだ現代人が「うわ!お前カブトムシの幼虫なんか喰うの?生で?キモっ!」ってアボリジニ当人の前で言うか?っていう位のレベルでしょ。ウルルン滞在気で馬鹿そうなアイドルでも一応アマゾンの奥地とかでギャーギャー言いながら虫かじったりするでしょうに~と思ってまうんですよに~
 
 
 


アミ小さな宇宙人シリーズ3部作

2015.05.09 11:17 |
| PL | 雑記色々・・・
GWのお知らせ ~5/3・4・5・6~ ローストビーフ
2015.05.01
まずGWのお知らせです。
5/3~6まで休業致します。何卒宜しくお願い申し上げます。

もう店の前の通りもGWの雰囲気満載で、まあマ~ッタリとしておる所へ毎年恒例の労働組合のストライキデモ行進が警察に見守られながらアンチ阿部政権を叫んでおりました。
製作にも集中できずデモ隊の拡声器から聞こえるオヤジの気だるそうな掛け声が暑い昼間の青空に溶けこんでいくコーランの様に聞こえてきて白昼夢がかり異国をトリップしている様な不思議な感覚に襲われる。

ふと、店の自動ドアがガーッと開き出前姿のオヤジがひとり。



「ホラッこれ食べてみてっ」
おおっ!なんと、いきなり目の前に差し出される美味しそうな一品料理。
造屋のすぐ左隣「とみやま」の店主、中谷さんが自慢のローストビーフを差し入れてくれたのだ。



いや~、なんて人徳の高そうな朗らかな笑顔を発する人なんだこの人は・・・。
なんでもこのローストビーフ、25年研究して辿り着いたと言う中谷さんお得意の料理らしい。



それもそのはず、中谷さんは日本料理をずーっと修業してきた方で、揺ぎ無き料理の基本の上に味への探究心がドカッと据わっているためハンパな物は提供したくない。”本物しか出したくない”という信念の持ち主なのである。
・・・つーかね、カウンター越しに鈍く光る包丁たちがその腕と歴史を物語ってますよ・・・



25年かけて完成した味を、25秒くらいで完食してしまったボクティン・・・
いや、もう、添えてあるお野菜たちがまず香ばしく炙られていて、品のあるお味っ♪
んで、もう、サイコロ状にカットされたその、ローストビーフがこれ、上品に美味しいを上乗せしたような味なんですよっ!おくさんっ!
味付けは厳選した岩塩のみだと言う。
肉にうるさい人なら分かると思いますがシンプルに食べて美味いのが本物なんです。
フィレンツェで食べたビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを思い出しちゃったもんな~♪

いや~ほんとにありがとうございました、中谷さん。

日本料理とみやま
2015.05.01 20:08 |
| PL | 造屋 | トラックバック (0)
ブラックダイアモンドリング ~サイズ調整加工~
2015.04.27
さて、新生ブログにしてから2記事めの投稿になります。
SE沢野井氏から「ブログ発足してからしばらくはがんばって投稿し続けてください」と催促されたので、頑張って過去のリフォーム加工や修理加工の記録なんかを引っ張り出してきてアップしております。
ちなみに、「前ブログの記事こっちに移せないの?」「コピペは?」など幾つか愚問をぶつけてみた所、「ブログの全引越しはお金がかかります」と。
また、全ブログ記事と同じ内容を要はフルコピペしちゃうと、ミラーナンチャラという検索エンジンの禁止事項に引っかかりSEO逆効果らしい。
・・・あ~っ!!ほんっとにPCってメンドクセエなああ~~!とつくづく思うのでありやんした。。。

本題のブラックダイアモンドリングの加工例です。
まあ結構デカイ黒金剛石が鎮座しておるんですが、加工目的はサイズ直し。が、ちょっと難あるリングだったんだこれが。。



一見veryveryラグジュアリーなブラックダイアモンドの指輪なんですが、よ~く見ると・・・
中央あたりになんか線が・・・



なんと!クラック入り。タテにピシッといってます。
20Xルーペを覗き込んでみると結構深め・・・

そうブラックは割れるんですよ。
皆様ダイアは割れない宝石だと考える方が常識ですが、カラーダイア、ファンシーダイアモンドとも言いますがその中でも特に黒い奴は割れるんです。
お客様酔っ払って喧嘩でもしちゃったんでしょうかね。強い衝撃を受けるとブラックは割れるので注意。



で!、サイズ調整加工にあたり溶接必須なのでブラック含め取り巻きメレダイアも全部外してやらなきゃいけません。
もちろん一番神経すり減らす石はこのクラック入りブラック。このクラックがどこまでの深度なのかは実際ツメから外してみなきゃ分からんのですよ。そらもうスリルな秘密、この世はでっかい宝島なんですよ。恐怖しかありまへん。まあ他店断られまくりでしょう。・・・正直、自信なかったもんなあ・・・
・・・でも、4つのツメを、細心の注意と今までの経験と勘を頼りにゆ~っくり、ゆ~っくりと石から離していき無事外せました。



あとは、残りのメレも外していく。
サイズ調整でR角が変わり、石座も変形するのでこのままではこのブラックちゃんはちゃんと座ってくれません。
なので、石座も座りが良いように切削加工する。

石座にセットする時もまた神経集中しましたが、割れも無くまあなんとか結果オーライでした。
でも今後の使用に当たりは注意して下さいとオーナー様には一言添えておきました。

まあこんな、問題児お抱えの方おりましたら一度見せてください。
直せるものは直しますので。宜しくお願いします。
2015.04.27 19:21 |
| PL | リフォーム・カスタム
ブログ引越し ~自社ブログの方がいいスよ。編~
2015.04.22


いや~・・・この度、gooブログから引越し(っていうか厳密に言うと移転?移行?、まあ前のgooブログは消さず新規自社ブログに投稿していくので、以前の記事丸ごと引越しって言うわけじゃあござあせん)するという事になっんだけど、ブログの引越しって結構大変なんだなあ~、っていうのを実感しましたよ。。。

事の始めは、1年前くらいからでしょうか。

やたら店の方にウゼエ、いや、超~ウザイ営業電話がワンサカ来るようになりどれもこれもIT系のクソ営業で断っても断ってもしつこく来るんですわコレが。で、内容はほとんどが「御社でブログを書かれていると思いますが、自社ブログにしてみてはどうでしょうか?」的なもんばっか。

自社ブログってなんだよ?と。ブログに自社もクソもねえだろがという事で、たまたま電話する時があったのでホームページで"難しいところだけ"お世話になっている沢野井君に聞いてみた。

そしたら、ブログで今まで書いてきた記事は、今全部gooのサーバーに置いてあるでSEO効果が基本的にこっちへ還元されないらしい。まあ何か色々よく分かんない事言ってましたが自分のサーバに情報が詰まってるほうが、いままでせっせと書いてきたワードや文章からより多く検索で引っかかり、SEOナンチャラが優位に働くと・・・・。

ほんだら、自社ブログってどうやんの?と聞いたら。

作るしかないと。

で、費用とかきいたらこれ何気に結構するんで、よそで書けば無料のブログに金なんか掛けんのバカバカしいんで、安く済む方法を色々話してたら、まあ結果的に簡易的なのでいいなら僕がやりますよ、と。

んで、一応ブログらしいものが出来たんだけど、ただ書けばイイってもんじゃないらしく、書いた記事を効率よく検索にかかり易くするためにRSSやら、ピング?やらを設定しなきゃならんと。
もうだんだん訳分からなくなりまして、一応いわれるままに、こっちのサイトへいってどうチャラ、あっちのサイトへいってどうチャラというのを、やるうちにめんどくさくなってきちゃって、、、最終的にはテキトーにやっといたんで、まあまあブログとして役に立つでしょう!と勝手に思い込むことにします(笑)

という事なんで、新生ブログ宜しくお願いします。

画像は、あんま意味ありまへん(笑)美しい景色見て癒されれば良いなと思いまして。

2015.04.22 20:05 |
| PL | 造屋 | トラックバック (0)
引越し ~冷蔵庫・運搬~
2015.02.05


先日の日曜日。家の引越しの為、冷蔵庫を運ぶ。
団地から戸建へ移る。

団地は7年程住んだでしょうか。
住めば都で、色々と楽しかった。元々、団地生まれ、団地育ちだったからって言うのもあるかもしれないけど。

さて冷蔵庫。
400L超。分類的には家庭用大型冷蔵庫に何のかな?
自分の家の冷蔵庫だけでなく、実家の冷蔵庫も運ばなければならない。しかも運搬経路にけっこう階段がある。

当初、この1日で大型冷蔵庫2つを運搬するというプランを、カミさんと二人で運べば出来んだろ、位に思っていた。
が、何気に周囲の人間は「冷蔵庫どうすんの?」の問いに「カミさんと二人で運ぶ」というアンサーに「え"っ?!」という反応を示すのである。
まあた出たよと。このDo'it精神を忘れた意気地なし野郎どもめ!と内心嘲笑いつつ、せいぜい50キロくらいのもんでビビリやがって!と冷蔵庫のドア内側の仕様を見ると「重量80kg超」と。

若干心配になって、「冷蔵庫、運搬」とかでググッて見る。
まあ、いろんなベルトみたいなグッズの販売。運搬業者の代行手数料。引越し屋が冷蔵庫運んでる動画など見て、まあそれなりに情報収集。

色々考えるが、冷蔵庫の運搬なんて一生の内何回やるよ?ってもんにベルトなんて買う気起きないし。
運搬業者も、頼むと一つ1万5、6千なんて掛かる。2つで3万近くか...と。
それに、以外にもカミさん本人が何の焦りも見せず、周りに手伝いを頼もうとする素振りすら見せないでいる。

まあ結果、こういうのって「思い出」が大切だよな、と。
叔父のヨッチャンも手伝いに来てくれるってのもあるし。

一番はやっぱり「子供たちに親の頑張ってる姿を見せる」ってのが大事かなと。
あとになって「そいえばオヤジとオフクロ二人で冷蔵庫運んでたな~」なんて一瞬でも思い返してくれれば御の字。

で、引越し当日なかなか叔父のヨッチャンが来ない。しゃーないんで夫婦の共同作業開始である。
階段が大変そうなので、軽そうな上側をカミさん、下側をボクティン。
まあ、なんつーか結構イケル。てか、思ったほど重くない。つか楽勝!!
ちょっと重めなタンスくらいの感覚。

結局、冷蔵庫二つの運搬は予定してたよりも軽く修了し、あと冷蔵庫2~3個はイケル気がしました。重量100キロ超えてても多分イケると思う。
まあ、なんつーか実際に運ぶ時もカミさんが何の不平不満も漏らさず、平然とやってのけた姿に改めて頼もしく、そしてまた少し惚れ直しました。

【引越しDATA-400L超冷蔵庫2機+α】

・軽トラ(ニコニコレンタカー)---¥4600

・トラロープ---¥200

・家族と夫婦の絆---¥PRICELESS
2015.02.05 10:58 |
| PL | 家族
銀煙管の修理方法Part2~火皿・羅宇・吸口・四分一象嵌~
2014.12.28
<< 銀煙管の修理方法Part1


全国のキセラーの皆様ンパンパしてますか~ 銀煙管の修理方法パートトゥーでございま~す



さあロー付け溶接も終わったのでここから煙管の大切な部分。雁首、火皿の整形といくのですが、
まずは、調整ロー盛り部分全体の整形をヤスリんこで切削していきます。



煙管専用道具で火皿の円を整えるのと内側の地肌を滑らかにする為に加工していきます。
雁首の角度なんかも何気に調整。
これキセル専用道具たって売ってまへん。これもぜんぶ作るんやで~



こんどは雁首の調整~ コレも自作、職アンド人たるもの道具自分で作るんは当たり前やで~
中のパイプ断面の形状や地肌を滑らかに整える。
こういうところに引っかかりがあるとタバコの葉である刻みが残ってまうのよ。
特に小粋は葉が細かく刻まれてるんで。あと葉の詰めや灰落としにも影響する。



お次は外側をヘラがけしていく。
銀という金属は柔らかいのでこのように加圧して”締める”そうすっと表面が固くなり
キズもつきにくいし、光沢も増すんどす。



銀も四分一部分もおヘラがけ。結構腕力?指力?使うから疲れるね。
四分一て銀に比べて硬いんだよね。銅が多い合金だから。
その名の通り、銅が四割、銀が六割。上四分一がの逆。その他色々な割合の四分一がある。
研磨→バフがけ→脱脂と作業は続く。
んで・・・



でたーー!鳥取県の喫茶ルノアールの店長ツバ入りメロンソ-ダだアアアア!・・・・・・・・・

伝統工芸煮色、銅の色上げには欠かせない謎の液体どえす。
硫酸銅とか緑青とかもう毒しか入ってませんはい。
でもこれが四分一ちゃんを生まれ変わらせるんですっ!

投入っ



コレ見てるの楽しいんだよなあ~ デヘへ~
だんだんと銅色だった四分一が黒っぽく変わって来るんだよ~ デッヘへ~
分かるかなあ~ ダッハハ~



ホラ見て、この色!
渋くない?渋いよね~~ だから四分一って言うんだっつーのー!(*´∀`)エヘッ*
不思議だね~ 化学式書こうと思ったら大変だなきっと~



吸口、ラオと組み立ててと・・・

完成ーっ!!

雁首のほうがまだ新しいからちょっと四分一光沢&グリーンがかってるかなあ。
まあ使ってけば馴染むでしょう。
やっぱこの煙管カッコいいなあ。
あとでお客さんから聞いて気付いたけど吸口に乱れ桐紋入ってるし。

あー 何か達成感ある修理でしたー!
じゃ、さいなら~!

~ Fin ~
2014.12.28 16:51 |
| PL | 修理
銀煙管の修理方法Part1~火皿・羅宇・吸口・四分一象嵌~
2014.12.27
あ~増税前で色々雑務やらめんど~(怒)送料なんか超ハンパんなっちゃって¥672とか。740円税込¥777て確変か!
・・・つーことで久々にやりがいと言うか修理しがいのあるキセルの修理方法、工程なんぞをご紹介したいと思います。キセラーの皆様お手元のマイキセルと共にご拝読願います。



延べではありゃせんが、銀煙管ですなうむ。ラオは黒斑竹でしょうな多分。
吸口と雁首は銀地に四分一を巻き象嵌してあるモノとしては凝っていてかなり上物ですぞうむ。なにやらヤフオクで安く買ったというお客人。
今回の修理費の方が高いと嘆いておられましたが多分販売者の方眼力無しと多少キズ凹み見受けられるところによるかと。
でも考えても見てくだされヤフオクで売った者只の転売者にて作者さにあらず。仮に職人一つ作るとなればそれなりの金銭やむなし是即ち修繕も同様也。



まずはバラシますぞ。
うーむグレー斑点模様に煮色された四分一が品高く美しい。
雁首のほうは良く手でさわるので銅合金の地色が見えてるね。
ラオも良く使い込まれ竹油で光沢が綺麗。
ちなみにラオとはラオスで取れる竹を使用していたからこう呼ばれる様になったとか。



やはりここは中古品。雁首から火皿にかけ損耗激しす。見てホラ穴あき。アナーキーですよ。アナーキーin THE UKですよ。
火皿側の雁首見ると凹みが大きい。コレいわゆる吸い終り灰を落とすのに硬いザラ灰の角でコン!てやっちまってます。
キセラーの皆さん灰落としは専用の竹製のものならまだしもガラスとか金属の灰皿角で叩いちゃあいけませんよ。



外見はなかなか綺麗だったんですがね。。。中の様子は想像以上。ヤニが相当溜まってらっしゃる。
外面似菩薩内心如夜叉とはよくいったもので・・・キセラーの皆様こういう女性には気をつけましょう~



超音波洗浄っ
これでもか、やってもやっても滲み出てきます。
掃除結構大変でした。



穴あきの火皿と亀裂の入った雁首をちょうど首の辺りで切り落とします。
御免!



んで、新しく雁首部分と火皿を銀で作り、据えロー付けします。
この微妙な角度、カラゲ線も使えないし、ピンセットでも挟めないので何気に難しかった。
ロー付けって一瞬のズレが命取りになるからね。ロー付けのやり直しは劣化の元なので極力避けたし。



酸洗い後でございます。
角度、横縦の位置、問題なくちゃんと付いてくれました。
四分一の煮色が飛んじゃって完全に銅色になってもうた。



さあここからこの煙管専用道具達の出番です。
こいつ等を使って火皿の丸み調整や角度等を整形していきます。
ここの調整で刻みの詰めや、要は使いやすさが決まるところです。


銀煙管の修理方法Part2 >>
2014.12.27 16:37 |
| PL | 修理
銀煙管の作り方Part3~鯉の滝登り図~
2014.11.01
<< 銀煙管の作り方Part2


約8寸銀延べ煙管、鯉の滝登り図。PRAT3

伝統技法である色上げをしていきます。


鯉は黒四分一を使う。四分一に赤銅を混ぜて色上げすると茶グレーっぽくなる。
銅合金も全て一から作る。
初めに研究して作った人は偶然できたのか。努力したのか定かではない。


紅葉は素赤(銅)家紋は赤銅(三分)鯉は黒四分一
下の小さい紅葉は真鍮

素赤の紅葉は緋銅にしなければならない。
赤銅は金性が多くなるほど黒くなる。使ったのは三分。
真っ黒っていうより紫がかった黒なので「烏の濡れ羽色」という表現をされる。
だから別名「烏金」(からすがね)ともいう。
四分一は別名「朧銀」ろうぎん、おぼろぎん。


それぞれのパーツを本体に取り付け加工する。
それからこのメロンソーダで煮るのである。
そこらへんにあるファンタのメロンソーダではダメで
鳥取県鳥取市南吉方3丁目にある喫茶ルノアールのメロンソーダに店長の唾入りでなければぜったいダ・・・

緑青と硫酸銅です。劇薬だよ♪

そんなこんなで・・・
少々画像デカイですが

完成です。

緋銅の赤も綺麗に出てます♪

今回のご注文は本当に勉強になりました~

銀延べ煙管・鯉の滝登り図


Fin

2014.11.01 16:55 |
| PL | 製作過程
銀煙管の作り方Part2~鯉の滝登り図~
2014.11.01
<< 銀煙管の作り方Part1


伝統技法である色上げを用いたご注文。鯉の滝登り銀延べ煙管8寸パートTWO

ようやく全体がそれらしく均等に丸まったら継ぎ目をロー付けにて塞ぐ。
水で漏れがないかチェック。でないとヤニ漏れするからね。


ほんでもって次の作業「くびきめ」
これが一番難しかった・・・
中の空洞を丸いカタチで維持させながら全体を鎚で叩きながら曲げる!(笑)
初めゼンっゼンっ曲がってくんないの(泣)っていうか伝統職人は凄いわやっぱ。
これ量産すんならもっと補助具いっぱい必要。ここにスゲェ時間かかった・・・


「さらつけ」作業
火皿であるカップ状の物をつくり嵌め込みロウ付けする。

作業は「ヤニ止めつけ」から「ならし」、「やすり」→「キサゲ」→「磨き」へと続く。


もうほぼ本体完成。実用には差し支えない。
ここからは装飾を施していく。今回は鯉の滝登り図なのでまず背景の滝と紅葉の木を彫り込んでいく。


全長八寸。煙管では長い方ですね
約24センチ。
重量もそれなりにあり渋カッコいい。鬼平犯科帳みたい(笑)

こんな銀煙管を注文してくれる日本人がまだいるということを日本国民は誇りに思わなければならんでしょうマジで。外人見たら絶対リスペクトでしょう。
日本の悲しい所って決して戦争の敗北なんかではなくて自ら誇りを棄ててしまった所にあると思う。
いくらケンカに負けてもイジメられても媚びない道はあるわけで。
どんな文明も最後は滅びる。どうせ同じ滅びるなら媚びて滅するより媚びずに死んだ方が良いでしょう。


装飾に使う紅葉を銅、真鍮の2つの素材を使って作る。

ここからは伝統技法中の伝統技法、銅合金に色をつける色上げという加工法です。
いや~難しい!っていうか金工の分野が深すぎだし、決してオープンな世界じゃないので一生掛かってもゴールは無いでしょう多分。
 
 
銀煙管の作り方Part3 >>

 

2014.11.01 14:45 |
| PL | 製作過程
銀煙管の作り方Part1~鯉の滝登り図~
2014.11.01
・銀延べ煙管・色金・緋銅・赤銅・四分一


先日ご注文して頂いた銀煙管について。なんか煙草より安上がりみたいで何気に煙管とかパイプ吸う人増えてるらしいね。でもこの注文のおかげで煙管について色々調べて勉強になった。自分でも安いものを買って実際に吸ってみたりとか。調べていくと今良く吸われているのはシガレットであって大量生産・大量消費社会で生まれた只ニコチンを吸収するだけの粗末品らしい。本来莨(たばこ)は味も含めその使う道具まで趣向を凝らし楽しむものだと。茶道や英国のティータイムなんかにも通じるもっとゆったりと深い精神があったんだね。確かに根付や叺(カマス:煙草入れ)は日本の古くからの文化が生んだものだ。


コレは真鍮製の安いキセル。全体のフォルムやら機能やらをコイツを参考にしていく・・・


この形!このフォルムまでたどり着くのにもひと苦労やで・・・


丸く湾曲させてゆく作業。「ぶんだし」というらしい


均等に曲がってるか・・・叩いてはチェック。叩いてはチェックの繰り返し。


「まるめ」と「ならし」作業
ホントにコレで丸くなるのか?と思うが根気良くやっていくとだんだんなってくるんだコレが
 
 
銀煙管の作り方Part2 >>
2014.11.01 14:06 |
| PL | 製作過程