ITALU-YA.OrdermadeHistory No.058:Antique pearl pendant

It is a pendant of the antique style using a large and small pearl.It formed by the arabesque design with a watermark of the ground, and it set so that it might move there one by one [ pearl ].When it lets it pass to a necklace, it is a mechanism in which all the pearls shake flickeringly.It is caring about lightness by watermark of the reverse side etc. with 5 cm in full length, and for the first time in [ size ].It was a talk called reformation in the pearl necklace no longer using at the beginning.the visitor left all, and it came out of the design ? design, and made it the idea of a shaking pearl like this time in consideration of the number of pearl.Playfulness is a required element at accessories.

アンティーク真珠ペンダント

No.58:アンティーク真珠ペンダント


大小のパールを使ったアンティーク調のペンダントです。地を透かしのある唐草模様でかたちづくり、そこへパール一つ一つ動くようにセットしました。ネックレスに通すと全てのパールがユラユラと揺れる仕組みです。全長5センチと大ぶりながら裏の透かし等により軽さには気を使っています。当初使わなくなったパールネックレスをリフォームというお話でした。デザイン〜設計から全てお客様のおまかせで真珠の数を考慮し、今回のような揺れるパールのアイディアにしました。アクセサリーに遊び心は必要な要素なのです。


〜シルバーアクセサリーのオーダーメイドは東京都立川市の銀細工職人の店・造屋(いたるや)へ〜