ITALU-YA.OrdermadeHistory No.096:The ribbon blooch of a K18YG& diamond

It is a quite big ribbon type brooch. [ for the first time in ].The main part inlaid K18 gold streak and the diamond into the silver base at random.The image was conscious of the ribbon of the somewhat stylish time of Taisho and Meiji.Apply antique, an antique feeling is made to brew, and I call it the atmosphere of a time, or think that realization also including a design was completed.Since it is a brooch and the measure against weight is also important, it does not neglect.Since the whole ribbon is large, the contents which consist of silver boards and have a swelling are made into the cave, and are made lightly.

K18YG&ダイアモンドのリボンブロ−チ

No.96:K18YG&ダイアモンドのリボンブロ−チ


かなり大ぶりなリボン型のブローチです。本体リボンは銀(925)ベースでアクセントラインにK18金線と各所にダイアモンドをランダムに散りばめました。イメージは大正・明治の少しハイカラな風合いのリボンといった感じを意識しました。燻し(古美仕上げ)をかけて新品と言うよりもアンティーク感の雰囲気を優先させるようにしました。ブローチなので重さ対策の為リボン全体は薄い板を丸めたような構造になっています。女性のお客様でしたのでドレスシーンで真っ赤な生地にワンポイントで一つ着けるととても垢抜けていてお洒落な様子を容易くイメージできる様な存在感のあるブローチに仕上がりました。


〜シルバーアクセサリーのオーダーメイドは東京都立川市の銀細工職人の店・造屋(いたるや)へ〜