ITALU-YA.OrdermadeHistory No.117:The pendant top of a peach

It was custom-made of a pretty motif called a peach with the small pendant.I think that it was a present from a male to a woman.Although it is a casual small pendant, the technique which was absorbed in how to make for a while is used.The pendant frame base was made from silver and the portion of the peach used the material which strengthens copper content for a while at pink silver, and emphasized pink more.The texture which puts in order and carries out the stamp of the stamp with a width of about 1.5 mm used with a Native American jewelry etc. was given to the base.A technique called the silk line which attaches a line several times over with the needle of steel called thin scribing is used for finish-machining of a peach.This technique is effective in taking out the light and expression like silk.

桃のペンダントトップ

No.117:桃のペンダントトップ


小さなペンダントで桃という可愛らしいモチーフのオーダーメイドでした。男性から女性へのプレゼントだったと思います。何気ない小さなペンダントですが作り方に少し凝った技法を用いています。ペンダント枠ベースは銀で作り、桃の部分はピンクシルバーに少し銅分を強くしてピンク色をより強調するようにした素材を使いました。ベースにはネイティブアメリカンジュエリーなどで使われる幅1.5ミリほどの刻印を並べてスタンプしていくテクスチャーを施しました。桃の仕上げ加工には細いケガキという鋼鉄の針で幾重にもラインをつけるシルクラインという技法を用いています。この技法は絹のような光と表情を出す効果があります。


〜シルバーアクセサリーのオーダーメイドは東京都立川市の銀細工職人の店・造屋(いたるや)へ〜