ITALU-YA.OrdermadeHistory No.175:Goldfish

A cold chisel was manufactured by a metal engraving technique as a used alto-relievo in the motif of ryuukin of a goldfish (Ryukin). A movement of a scale and a body is being carved so that an expression may be taken out using a hair relief cold chisel and a float cut cold chisel. The onyx cut in a cylinder has been set so that I may rip into silvery ground tightly in an eye.

銀地高肉彫り流金

No.175:銀地高肉彫り流金


金魚の流金(リュウキン)をモチーフにタガネを使用する高肉彫りという彫金技法で製作しました。鱗や体の動きは毛彫り鏨や片切り鏨を使い表情を出すように彫刻しています。目には銀地にしっかり食い込むように円筒形にカッティングしたオニキスをセッティングしてあります。ナイフのハンドル部分に埋め込む飾りでナイフ作家の藤田守氏より依頼を受けコラボ作品となりました。


〜シルバーアクセサリーのオーダーメイドは東京都立川市の銀細工職人の店・造屋(いたるや)へ〜