ITALU-YA.OrdermadeHistory No.034:The K18YG coating phoenix buckle of dry creek turquoise

It is a buckle of a phoenix motif. Turquoise was prepared for visitor itself and Brando (production mine name) is a dry creek. The portion of a phoenix is divided into 10?11 part in structure, and it is beginning to delete from a metal. Although it may be unclear, 18 carats was given to some places, such as a shuttlecock and a tail, and if it resulted in the stone seat, it made from the photograph with 18 pure gold.The light blue of yellow gold and a dry creek matches well very well. that is, two turquoise called a dry creek and Eastern blue is prepared, and turquoise will use which at the beginning -- it is -- it was wavering with ?. When actually applied to the stone seat of gold, the direction of the dry creek was overwhelmingly declared the winner. This order was made very much, and had worth, and, also happily, was a certain order.

ドライクリークターコイズのK18YGコーティング鳳凰バックル

No.34:ドライクリークターコイズのK18YGコーティング鳳凰バックル


鳳凰モチーフのバックルです。ターコイズはお客様ご自身でご用意されたものでブランド(産出鉱山名)はドライクリークです。作り的には鳳凰の部分を10〜11パーツに分けて地金から削りだしています。写真では分かりにくいかも知れませんが羽根や尾など所々に18金を施しており、石座に至っては18金無垢で作りました。イエローゴールドとドライクリークの淡いブルーが非常に良く似合います。というのも当初ターコイズはドライクリークとイースタンブルーというターコイズの二つ用意されていて、どちらを使おうか?と迷っていました。実際にゴールドの石座に当て嵌めたところ圧倒的にドライクリークの方に軍配があがったのです。このオーダーはとても作り甲斐がありそして楽しくもあるオーダーでした。


〜シルバーアクセサリーのオーダーメイドは東京都立川市の銀細工職人の店・造屋(いたるや)へ〜