ITALU-YA.OrdermadeHistory No.118:Coil pair ring

the design should be subtraction and it should be simple -- I think that it is custom-made of the ring nearest to the teachings to say.The accent of emerald and turquoise was very simple to the design which rolled the silver wire of thickness with a sufficient degree like a spring coil, and its both ends, and it became a ring in which playfulness is given.Since a choice part is pairing and format sizes naturally differ, it is the point of making it the thickness of a wire which suited the format.This is too thin, or if too thick, balance will collapse, and the refined special simple design becomes spoilt.Since it is a coil design, having devised by the practical aspect is the point of manufacturing so that the spring nature of a wire may not be made losing.

コイルリング・ペア

No.118:コイルリング


デザインとは引き算でありシンプルであるべき、と言う教訓に最も近いリングのオーダーメイドだと思います。程よい太さのシルバーワイヤーをスプリングコイルのように巻いたデザインとその両端にエメラルドとターコイズのアクセントがとてもシンプルで遊び心を感じさせるリングになりました。こだわりの箇所はペアリングなので当然号数サイズが異なりますので、その号数にあったワイヤーの太さにする、という点です。ここが細すぎたり太すぎたりするとバランスが崩れ、せっかくのシンプルな洗練されたデザインが台無しになります。実用面で工夫したのはコイルデザインなのでワイヤーのバネ性を失わせないように製作するという点です。


〜シルバーアクセサリーのオーダーメイドは東京都立川市の銀細工職人の店・造屋(いたるや)へ〜