新着記事 > 記事一覧 > Category: [雑記色々・・・] 5点の記事があります。
2018.03.26
オフグリッドライフ
さっき、先週注文していた本「わがや電力」が届いた。パラパラと冒頭だけめくったけど凄く面白そうだ。なんでも我が家でミニトマトを作る如く電気も作れるらしい。今日から布団の中で寝ながらじっくり読む本にはもってこいだ。年1回、店の前も通過する原発反対のデモ行進。「・・・でもこの人達って家帰ったら、『はあ~今日もデモやったな~』って冷蔵庫から缶ビール取り出して、リモコンでピッとTVとエアコン付けて一息ついてたりして・・・」と想像してた。でも時代は変わってきてる。オフグリッドって言っても電気だけじゃない。電気、水道、ガス契約しないで生活。フルオフグリッド。もう尊敬に値する。「原発反対~っ」耳元で大声で怒鳴っても許される説得力。でも実践してる人ほどデモしないのが世の常。若い世代の方々の方が関心高いし増えてきてますね。人間てやっぱり凄い能力備えてるなあと思う。生まれた時から家の中にコンセント。蛇口ひねれば水が出る。スイッチ押せば火がつく生活してきてる世代なのに。戦後の復興と高度経済成長から瞬発力で一気に来ちゃったエネルギー問題にちゃんとブレーキをかけだしております。よく考えるとこんな必要ないよな?っていう気づき。モノもエネルギーも。社団法人名に感動した。まだまだ黎明期ではあると思いますが、進路はこっちの方向なんだろうなと思う。問題は随所の肉体的な労力や衛生面、経済面だろうなあとも思う。特に女性、子供に安全安心を提供できないと生活もへったくれもないわけで。そういう意味でも前途した「尊敬」という言葉は、今まさに前衛的な生活をされている主婦の方の為にあると思う。理想を支える現実の生活に主婦がいかに過度な労働や我慢が強いられない快適な生活があるかどうか。あれば必然的に人々に求められ経済としても成り立つはずだ。もっと点が増えて、線で繋がって、メーカーも出てきて、競争が生まれてマーケットが大きくなれば、大手企業の提供するモデルハウスはオフグリッド・コンセプトが常識となるだろうし。昔、大橋巨泉の「こんなものいらない」というテレビ番組があった。社会においてムダな物や法律など視聴者から募集したテーマを切っていく風刺番組だったが「大橋巨泉おまえこそいらない」というテーマで最終回を迎え番組が終わった流れには笑った記憶がある。要はどんなにナチュラルでクリーンな生活でも、女性、子供、しいては老人や障害者の方々が「もう無理!」ってキレられちゃったら成り立たないんだよなあ・・・と思う。フルオフグリッド、セルフビルド(しかも費用60万!)、しかも敷地8000坪(笑)っていうツワモノもおります。・地球生活NEO:http://neoearthlife.com/わがや電力 / 書籍・ダイナミックラボ:https://shop.sonohen.life/
2017.05.02
Koh-Tao
おん  まるで、心地よい春の季節に森林の中、静かに佇んでいる感じ・・・とでも言いましょうか。心地よ~くボ~っとできます。king of BGM なんすよね。これって何気にすごい事ですよ。一切ない、主張とか、要求が。「ただ在る」みたいな。    おんたゆたゆRhythm of ParadiseHEARTLAND
2016.03.04
Shpongle
TALES OF THE INEXPRESSIBLE   サイケとかテクノとかEDMとかゴアトラとかジャンルを超越してます。異次元アーティスティックトラベルミュージック・・・サイモン・ポスフォードの才能と繊細さ、ラジャラムのぶっ飛んだ器とな~んか人間的な暖か味、二人が絶妙に化学反応を起こし異世界の旅へ連れて行ってくれます。     -1st- Are You Shpongled?-2nd- TALES OF THE INEXPRESSIBLE-3rd- Nothing Lasts... But Nothing Is Lost-4th- Ineffable Mysteries from Shpongleland-5th- Museum of Consciousness-6th- Codex VI
2016.02.23
HALLUCINOGEN
THE LONE DERANGER -Hallucinogen-このアルバムはゴアトラとかサイケとかジャンルを超越しておりカテゴリなんて不要だと思います。自分music史上ダントツで「カッコいい音ランキング1位」。打込み、4Pバンド所謂「音楽」の一切のスタイル固定概念に囚われず純粋に「カッコよさ、心地よさ、深さ」を追求した正に「音を楽しむ」ROCKであり芸術。音の緻密さ、展開、旋律を聴いていると、宇宙観、アストラル界のような異次元世界、決してダークだけではない「あともう少しで真理に届く!」感とでもいいましょうか。とにかくイメージが刺激され、体が勝手に動き出す感じ。1.Dementionから宇宙空間疾走~から3.Trancepotter怪しげマントラ~4.Horrorgramテンポが徐々に速くなる~あ~カッケー!!て感じ。特にこの2ndアルバムは全ての人が一度は聴いてみるべき!!音楽の教科書に載せるべきでしょう。クリエイター、アーティスト、ミュージシャンなら尚更!コレ聴く、聴かないで”音”や”アート”に対する考え方が変わります。随所に使われる民族楽器、マントラのようなお経、Celticな旋律、サイモン・ポスフォードの音に対する好奇心と見識の広さが現れた1枚ではないでしょうか。     THE LONE DERANGER -Hallucinogen- 2stTWISTED -Hallucinogen- 1st
2015.05.09
アミ小さな宇宙人  エンリケ・バリオス著
アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)さくらももこさんのイラストと心温まる雰囲気のある素晴らしい本。宇宙人アミと少年ペドゥリートの対話式に展開される愛の伝道的ストーリーです。とても1986年に出版されたとは思えない垢抜けて洗練された科学論理、精神論だなと思う。この手のスピリチュアル思想本ってどこか著者の宗教的、趣向的な偏りと、どうしても説教くさくなってしまいがちなんだけど、「愛」を文明の進んだ存在アミ側から、精神論だけで説くのではなく、科学論理的な側面からも少年にもわかる”簡単なことば”で対話式に説いていく”読みやすさ”が良いと思います。著者エンリケ・バリオスの半生を”真理探求”に捧げた奥行きのある思想が改めて覗えます。         ※以下感想ネタバレ注意※        全体の物語は素晴らしく良いのだが、またこういう雰囲気の物語に仕上げるには”こうする他なかった”のかも知れないけど、どうしても消化しきれなかったのは次の2点かなあ~と思う。アミ思想に出てくる「アンチ肉食」と愛の度数を計る「センソメトロ」の2つ。これがどうしても消化できなかった。以下にこの2つの理由を挙げます。【アンチ肉食】外の星から来た高度な文明を持つ存在であるはずなのに地球の長い歴史であろう肉食を「死肉を食べるなんて気持ち悪い!」と何ら科学的、論理的思考もなしに非難しちゃうんですよねコイツは・・・。さらにアミと別れた少年ペドゥリートも「死肉は食べない」と何の抵抗も無く受け入れてしまう。ここは著者の菜食主義の飛躍した勧め(若干押付け・・・)を感じてしまう。アボリジニ文化にも触れている著者なのに彼らの食生活をどう受け入れたんだろう?と若干疑問の部分です。【センソメトロ】愛の度数という、そもそも「愛」を数値に置き換えてしまう思想がえ?と思いました。「愛に基づかないものは滅びる」がアミ思想ですからその数値自体が存在価値の有無を絶対的に決めてしまうのは一見すると非常に恐い思想でもある。この思想は何となくキリスト教のネガティブ・モチベーション(信じなければ救われない)になってしまい結果「無償の愛」ではなく「条件付の愛」になってしまうのが、んん~・・・と思うところ。食については、はたして「肉食」=「動物がかわいそう」や「人間の身勝手さ」だけに位置付けられるんだろうか?という問題である。ましてや「気持ち悪い!」と言うアミのニュアンスは「かわいそう」という倫理的な部分とは相反している気さえする。長い生命進化において原始から「弱肉強食」という揺るぎない法則がありそれは現代においても文明社会の本能的な基本原理として引き継がれ「経済」という表層を成している。これらはそこへ至った長い歴史があり生命体は「食物連鎖」という食べる食べられるという関わりあいの中で進化してきたのだ。こういった一切の真実、歴史を「気持ち悪い!」の一言で片づけちゃうって、アボリジニの生活に取材に飛び込んだ現代人が「うわ!お前カブトムシの幼虫なんか喰うの?生で?キモっ!」ってアボリジニ当人の前で言うか?っていう位のレベルでしょ。ウルルン滞在気で馬鹿そうなアイドルでも一応アマゾンの奥地とかでギャーギャー言いながら虫かじったりするでしょうに~と思ってまうんですよに~   アミ小さな宇宙人シリーズ3部作