新着記事 > 記事一覧 > 全記事(149)点 >>
2022.10.20
The Saxophone mouth piece of Silver.
先月ご注文頂きました面白いオーダーメイド。サックスのマウスピースです。ご注文主のMさんから岐阜よりサンプルのマウスピースをお送り頂いたのですが、結構デカいんですね!が最初の感想でした。加えて、外側と内側の立体構造が一見シンプルに見えて複雑です。流動性を考慮してか内部は曲線で構成されていました。この内はアール・ヌーヴォー、外はアール・デコ様式みたいな構造が意外に難しく、作りから研磨に至るまで終始気が抜けない製作でした。おまけに容積もあるので総重量も100g超えております。一番苦心したのが上部?(多分こっちが上と思う)のフラットな部分があるのですが、そこへリード(竹製でしょうか?)がピッタリと付き、微妙~な曲線を描き先端に向けて少~し浮くのです。「多分この辺が音色に関わるんだろうなー…」とサックスは触ったこともない小生でも創造がつくカタチでした。完成後、無事M様へお渡し後「銀の音色です!」のご感想を頂きホッとしたのです。口の歯が当たる部分に本来エボナイトが使用され云々の課題が出てきましたが、そこはマウスピース業者さんが何とか御対応頂けたようで何よりでした。何気にこれら楽器関係のオーダーや加工の依頼がこの銀細工の店にポツポツと来るのですが、毎回本当に面白く、勉強になります。アクセサリーと言うと通常、装飾性やデザイン性から考慮する強度や構造の範囲を超えませんが、そこへ「音」という次元が加わり、その音がカタチにも影響を与え、銀という素材がまた音にも影響を与えるわけです。形のない音、と物質である素材。それを支配する法則。想像が尽きませんね。
2022.09.28
The Bisbee Turquoise Ring.
やっと、暑かった夏が過ぎ去りましたね…気温も湿気もちょうどよく、あ~ズーっとこのままでいてくれー!と毎年本気で思います。でも仮に、その通りになっても結局人は更なる快適を求めエアコンやら空気清浄機やらを使いだすんでしょうねきっと…写真はオーダーメイドでご注文を頂きましたBisbeeTurquoiseRingです。店内に2個しかなかったBisbeeTurquoiseの内の1個5.5ctを使いました。指輪枠はWideTwistedWire、TufaCastingFinishで作りました。やっぱりね、美しいTurquoiseとSILVERはあいますね。鉱物同士だからでしょうか。ホワイトゴールドとDiamondみたいな、アンティーク家具と電球色のダウンライト、Jazzと珈琲、ゴッホの「星月夜」とカートコバーンの「The Man Who Sold the World」、少~しこんがり目に焼いた食パンに有塩バターとイチゴジャム、前日3%未満の塩を漬けた鶏肉と炭火!ガーリックとオリーヴオイル!納豆とネギ!はい、結局人は美味しい食べ物にも敵わないというお話でした。
2022.09.05
On vacation in the Sea.
まだ薄暗い早朝に出発。先月夏休みのとある一日。ワクワク…。子供の頃、毎年伊豆へ叔父に連れて行って貰ったのを思い出す。前日の真夜中に出発してそれまで宿題や見慣れた近所の風景がすごく退屈だったのに一気に非日常に早変わりして胸が高鳴った。車中で目が覚めると流れる風景が段々と南国に変わっていく湿気を帯びた潮の香り民宿の周りのセミの声部屋の畳の匂い古びた木製の窓から見える青い地平線大人達の準備がひどく遅く見えて早く行こうと急かしていた何年ぶりかの海。子供達も海の力強さを忘れていた。浜辺の太陽の強さも忘れていた。でも久々に波で遊んだ。ボディボードで波の力を感じた。帰る頃には思わぬ脚の疲労を感じていた。次の日には顔ヒリヒリ...首の後ろヒリヒリ...