新着記事 > 記事一覧 > category: [00006] - archive: [2015年04月]
ブラックダイアモンドリング ~サイズ調整加工~
2015.04.27
さて、新生ブログにしてから2記事めの投稿になります。
SE沢野井氏から「ブログ発足してからしばらくはがんばって投稿し続けてください」と催促されたので、頑張って過去のリフォーム加工や修理加工の記録なんかを引っ張り出してきてアップしております。
ちなみに、「前ブログの記事こっちに移せないの?」「コピペは?」など幾つか愚問をぶつけてみた所、「ブログの全引越しはお金がかかります」と。
また、全ブログ記事と同じ内容を要はフルコピペしちゃうと、ミラーナンチャラという検索エンジンの禁止事項に引っかかりSEO逆効果らしい。
・・・あ~っ!!ほんっとにPCってメンドクセエなああ~~!とつくづく思うのでありやんした。。。

本題のブラックダイアモンドリングの加工例です。
まあ結構デカイ黒金剛石が鎮座しておるんですが、加工目的はサイズ直し。が、ちょっと難あるリングだったんだこれが。。



一見veryveryラグジュアリーなブラックダイアモンドの指輪なんですが、よ~く見ると・・・
中央あたりになんか線が・・・



なんと!クラック入り。タテにピシッといってます。
20Xルーペを覗き込んでみると結構深め・・・

そうブラックは割れるんですよ。
皆様ダイアは割れない宝石だと考える方が常識ですが、カラーダイア、ファンシーダイアモンドとも言いますがその中でも特に黒い奴は割れるんです。
お客様酔っ払って喧嘩でもしちゃったんでしょうかね。強い衝撃を受けるとブラックは割れるので注意。



で!、サイズ調整加工にあたり溶接必須なのでブラック含め取り巻きメレダイアも全部外してやらなきゃいけません。
もちろん一番神経すり減らす石はこのクラック入りブラック。このクラックがどこまでの深度なのかは実際ツメから外してみなきゃ分からんのですよ。そらもうスリルな秘密、この世はでっかい宝島なんですよ。恐怖しかありまへん。まあ他店断られまくりでしょう。・・・正直、自信なかったもんなあ・・・
・・・でも、4つのツメを、細心の注意と今までの経験と勘を頼りにゆ~っくり、ゆ~っくりと石から離していき無事外せました。



あとは、残りのメレも外していく。
サイズ調整でR角が変わり、石座も変形するのでこのままではこのブラックちゃんはちゃんと座ってくれません。
なので、石座も座りが良いように切削加工する。

石座にセットする時もまた神経集中しましたが、割れも無くまあなんとか結果オーライでした。
でも今後の使用に当たりは注意して下さいとオーナー様には一言添えておきました。

まあこんな、問題児お抱えの方おりましたら一度見せてください。
直せるものは直しますので。宜しくお願いします。
2015.04.27 19:21 |
| PL | リフォーム・カスタム