新着記事 > 記事一覧 > Category: [家族] 14点の記事があります。
2015.02.05
引越し ~冷蔵庫・運搬~
先日の日曜日。家の引越しの為、冷蔵庫を運ぶ。団地から戸建へ移る。団地は7年程住んだでしょうか。住めば都で、色々と楽しかった。元々、団地生まれ、団地育ちだったからって言うのもあるかもしれないけど。さて冷蔵庫。400L超。分類的には家庭用大型冷蔵庫に何のかな?自分の家の冷蔵庫だけでなく、実家の冷蔵庫も運ばなければならない。しかも運搬経路にけっこう階段がある。当初、この1日で大型冷蔵庫2つを運搬するというプランを、カミさんと二人で運べば出来んだろ、位に思っていた。が、何気に周囲の人間は「冷蔵庫どうすんの?」の問いに「カミさんと二人で運ぶ」というアンサーに「え"っ?!」という反応を示すのである。まあた出たよと。このDo'it精神を忘れた意気地なし野郎どもめ!と内心嘲笑いつつ、せいぜい50キロくらいのもんでビビリやがって!と冷蔵庫のドア内側の仕様を見ると「重量80kg超」と。若干心配になって、「冷蔵庫、運搬」とかでググッて見る。まあ、いろんなベルトみたいなグッズの販売。運搬業者の代行手数料。引越し屋が冷蔵庫運んでる動画など見て、まあそれなりに情報収集。色々考えるが、冷蔵庫の運搬なんて一生の内何回やるよ?ってもんにベルトなんて買う気起きないし。運搬業者も、頼むと一つ1万5、6千なんて掛かる。2つで3万近くか...と。それに、以外にもカミさん本人が何の焦りも見せず、周りに手伝いを頼もうとする素振りすら見せないでいる。まあ結果、こういうのって「思い出」が大切だよな、と。叔父のヨッチャンも手伝いに来てくれるってのもあるし。一番はやっぱり「子供たちに親の頑張ってる姿を見せる」ってのが大事かなと。あとになって「そいえばオヤジとオフクロ二人で冷蔵庫運んでたな~」なんて一瞬でも思い返してくれれば御の字。で、引越し当日なかなか叔父のヨッチャンが来ない。しゃーないんで夫婦の共同作業開始である。階段が大変そうなので、軽そうな上側をカミさん、下側をボクティン。まあ、なんつーか結構イケル。てか、思ったほど重くない。つか楽勝!!ちょっと重めなタンスくらいの感覚。結局、冷蔵庫二つの運搬は予定してたよりも軽く修了し、あと冷蔵庫2~3個はイケル気がしました。重量100キロ超えてても多分イケると思う。まあ、なんつーか実際に運ぶ時もカミさんが何の不平不満も漏らさず、平然とやってのけた姿に改めて頼もしく、そしてまた少し惚れ直しました。【引越しDATA-400L超冷蔵庫2機+α】・軽トラ(ニコニコレンタカー)---¥4600・トラロープ---¥200・家族と夫婦の絆---¥PRICELESS
2014.09.16
補助輪自転車 ~チャリンコの練習~ 朝練2
先週に続き次男のチャリの練習っ!休日なので広めな公園で練習。親バカ愛により考案したチョイ上げ工法ですが、本当に良い結果が出てます。チョイ上げ工法はsoftとhardの二段階あり、softで1週間、hardにして1週間。両方の補助輪完全に浮かせて走り回ってます。で、自分から「取ってみる~」と。補助輪なし走行。チャリで難関の一つ「こぎ出しスタート」も難なくクリア。チョイ上げ工法マンセー!毎朝15分練習の2週間!あとは、ブレーキングと細かなチャリの特性を体得するのみである。スピードに乗ったコーナリング時の車体傾斜とペダルの位置関係とかね。やっぱ一回だけ失敗しました。こういう細かな所は前もってあれこれ言うより体験させた方がいい。つうかそんな細かい事言っても「?」だからね・・・。あとは次男のサバイバルスピリットを信じよう。車体倒しながらペダル漕ぐもんだからイン側のペダルが地面に着いちゃって後輪がグン!て持ち上げられコケる。こんなんも一回一回やってみて「こうするとこうなるのか」を体験していく。ハンドルも障害物にガン!てぶつけたりとかね。まだハンドルの巾が感覚で捉えられず。園内の散歩コースをジョギングしながら次男を追いかける。5キロ位は走ったかな?もうほぼ問題なし。微妙にブレーキングしてスピード調整も出来てる。一回もガシャーンゴケなし。流血なし。あとは信号とか交通ルールやらをインストールして完了。もうコレで一生チャリンコ乗れるんだから人間の脳力って凄いよね。
2014.09.06
補助輪自転車 ~チャリンコの練習~ 朝練
涼しくなったり暑くなったり疲れるねこの時期・・・久しぶりの家族ネタです。来年小学生に上がる次男のチャリの朝連。ここ数日、日課としてますが何気に嫌がらず続いております。補助輪付いてますが、地面より少し高く固定してます。初めは、ほんのチョイ高く、それを段々と上げていく。上げるほど停まっているとき車体は傾き、チョイ上げ程度では傾きながら走れますが高さが増すと車体を真っ直ぐにして両方の補助輪を浮かさないと走れなくなる仕様にしました。一応コレでガシャーン!てコケる事はなくなります。我が子への深い親バカ愛と、我が身の過去の経験から考案した次第であります。昔はいきなり補助輪とってコケて、血ながして練習するという根性論が当たり前でしたが当初から「みんなそうやって上手くなっていくんだ」的な空気感に疑問を感じていたものです。もっと良い方法あんじゃね?と。補助輪の片側を取る、という方法もあります。小生も経験しましたがコレも結局補助輪ついてる側に頼ってしまい効率悪しでした。しかも付いてない方に結局コケるし・・・あと近年ストライダー?なるものが売られてます。ペダルが無く足で地面蹴って前に進むというやつですが、短期間の練習の為に買うのもなあ~・・・というのと、あれってなぜかブレーキ付いてなくてたまに他所の子が結構なスピードだして足でガガガ~てブレーキングしてんの見てて、うわ危ネエなと。あれで下り坂とかで交差点だったら・・とか考えるとねェ・・・。そんなこんなで考案したこのチョイ上げ工法ですが、なかなか良い結果が出てます。毎朝15分位の短時間で、五日目くらいから補助輪浮かして走れるようになってきました。何しろ嫌がらない、っていうのが大きい。楽しいから継続できるんだろうし。これが嫌いになっちゃったらなかなか難しい。たまに大人でも自転車乗れない人いるし、長男の友達で小学3年生でも乗れない子がいる。それってどこか最初の取っ掛かりの部分で痛い思いか恐怖心が勝っちゃったんだと思うんだよね。諺でもあるようにやっぱり大人も子供も「好きこそ物の上手なれ」で楽しいと思う事は自然と継続するし上達するんだなあ、と。また楽しいと余裕が生まれて、少々の苦は乗り越えられるんだなこれが。だから、楽しいって大事だし。楽しむってもっと大事かもね。
2014.05.25
そうだ、リスと触れあおう! ~町田リス園~
と、ふと思い立ち。子供3人町田リス園へ連れて行くことにした。妻は仕事なので子供の面倒見るにもちょうど良い。子供らも「リスと遊べる!」とテンション上がりまくりだ。かなり前からここの存在は知っていたが、どうせ片田舎のショボイ動物小屋だろ位に思っていた。んが! 何こんな人気あんの!? 開園前に行列できてんじゃんっ!!後にこの行列の意味を知ることに。入園後、ひまわりの種を購入しリスと戯れゾーンへ。さっそくリス達に圧倒され固まる子供たち。いや・・・リスなめてました。戯れるなんて可愛い感じじゃないです・・・朝のリス達、相当ハラ減ってるんでしょうね。果敢に飛びついてきます。あちこちから悲鳴も聞こえてくる・・・ひまわりの種持ってるとリス達も察知して上半身までよじ登ってくる・・・これがスリリングっていうか、「オウ!オウ!ココまで来るか!」て感じで結構コワい(笑)娘大泣きしてビビリまくってるし・・・ここ行くときは長袖、長ズボンお勧めします。リスの爪、地肌でよじ登られるとマジで痛い!。。。っていってもやっぱり可愛いリス。直手で餌付けできると何気に感動♪デカイ亀も放し飼い。ゾウガメ?リクガメ?ワイルドな放し飼いゾーンをあとにして、今度はモルモットにエサやり。普通に飼育係な感じでほのぼの(笑)今度はなでなでアトラクションへ。ウサギとかモルモットの赤ちゃん?をイスに座ってナデナデ、ひたすら可愛がる。時間制限無いのか飽きるまでできそうな雰囲気。係りのお姉さん「飽きない?大丈夫?」て頻繁に聞いてくれてた。子供らも1時間くらいやってたかな・・・で、昼過ぎにふたたびリス放し飼いゾーンへ行くと午前中ウヨウヨいたリス達は消え、辺りには数匹チラホラいる程度・・・木箱の巣の中で寝てたりする。わずかに外に出てるリスもひまわりの種にぜんっぜんっ食いつかない・・・まさかの”リス達もうおなかいっぱい”(笑)そりゃ午前中あんだけガッツいてひまわりの種食えば無理もない。これで開園前の朝の行列にガテンがいく。そう、ここ町田リス園の最大のアトラクションは「午前中のリス」なのだ。間違っても休日だからといってのんびり家を出て、昼過ぎとかに放し飼いゾーンへ行っても只散歩して帰って来るだけになってしまうので注意が必要だ。だから、これから町田リス園へ足を運ぼうと思っている御家族またはカップルにご忠告しておくならば、スリリングな午前中のリスを楽しみたいなら10時の開園前には並んでください!! (長袖、長ズボン忘れずに!) 町田リス園:https://www.machida-risuen.com/TEL:042-734-1001